スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SueMeの骨について その4  

今日、12/7午前中にM先生の動物病院へ行き、新しくなった機械でレントゲン撮影した結果、患部のカルシウムの溶け出しは止まってはいないものの、以前の骨の状態よりも改善しているとの診断だった。
「慢性」と診断されたということは急性、もしくは何かのきっかけで突然症状が出たということではなく、時間をかけて少しづつそういう状態になったということで、薬によって、当初より風邪が治るように劇的には良くならないことはわかっていた。
11半ばより飲み始めた新しい関節炎の薬のおかげで、少しづつではあるが良くなっていることがわかり、しかも微細な骨折の疑いも消え、全身麻酔でCTスキャンも必要なくなった。
階段上り下り、ソファーの上がりも許可。
軽くジョギング程度の走りもO.K.
ただしディスクや、HOT ROD式のヨーイドン!スタートは厳禁。
引き続き、薬を服用しながらの経過観察という点は変わらないものの、重大な時期を過ぎたということは確かなようだ。
来年1月にM先生のところで状態をチェック、更に1ヵ月後に再度レントゲン撮影という予定で完治に向けて、もう少しマッタリデブデブ(現在16.7Kg!!!)生活を続けます。
来春には懸案だった「7チビ親子再会企画」も慣行できそうですし、なんといっても道半ばのオビディエンス部門でのグランドトレーニングチャンピオン完成を目指してがんばらねばと思っています。

皆さんには大変ご心配、ご迷惑おかけし申し訳い気持ちでいっぱいです。しかしなんとか良い方向へ動き出したようで、ほっとしています。
まとまりのない文章で「その4」まで引っ張りやがって!と突っ込まれるところでしょうが、なにとぞご勘弁ください。

最後になりましたが、たくさんの励ましやアドバイスをいただき、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ayukif.blog46.fc2.com/tb.php/34-7fe48259

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
">