スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SueMeの骨について その1 

結局のところ、SueMeの足に関してホームドクターのM先生が一番最初に??だったのには訳があったのだと思い知らされた。

9月最初に発覚した腫瘍疑惑は、腫瘍の可能性は低いものの、10月の半ばまでの抗生剤投与と経過観察となりましたが、その後レントゲン撮影での所見は、良くもなっていないし悪くもなっていない だった。
そして、このまま経過観察を続けていくのか、それとも精密検査(まずは高解像度のレントゲン撮影)をして白黒はっきりさせるかの選択を迫られたとき、迷わず精密検査を選んだのは経過観察という状態がSueMeにとってかなりのストレスになっているということと、とにかく一日も早く病気の原因(カルシュウムの溶け出し)を突き止めたい、その一心でT病院の医療センターを紹介してもらうこととなったわけだ。
この病院は基本的にホームドクターの紹介という形で診療するため、なるべく早い予約をということだったのだが、M先生から既に照会済みでそれまでのSuemeの経過を全てご存知のN教授は多忙で学会への出張から帰られる11/6の月曜と決まったのは最後のレントゲン撮影から10日ほど経ってからだった。
とうとうやってきた運命の日。
11月6日(月)の午前9時過ぎ、医療センターに到着し順番を待つ。待合室には他にも重症や難病と思われるワンコ達が診察を静かに待っていた。何か独特な雰囲気。
そしてSueMeの名前が呼ばれたくさんある診察室のひとつに入ると、まず助手のH先生を紹介されN教授とチームで検査、治療にあたってくださるとのことで、問診や体重測定、足の動きを見たりしたのだが、なんとそのH先生も近所の動物病院に先輩獣医を訪ねてきたときにSueMeの経過を見ていて全てご存知ということだった。
これにはやはり訳があるのだろうか?

レントゲン撮影の後、N教授から非常に稀な症状である告げられた。つまり、リンパ腫なりの症状と見えるものの、過去2回の写真と比べ進行していないこと、本来、腫瘍であればその周辺のみからカルシュウムの溶け出しはあるのだが、SueMeの場合、その範囲が点々とし、かつあまりに広すぎることなどを挙げられ、目視で病気を特定するのは限界とのことだった。
確かにM先生のところの写真とは違う。くっきり写っているのだが…
つまりそれは、切開して組織を削り、病理検査しなければはっきりしないという意味だった。
CTでもなくMRIでもなく、いきなり手術。
ただ、それも緊急ではなくおいおいホームドクターに相談し、精密検査したらどうか?というニュアンスでもあった。

さて、どうしたものか…決断を迫られているように感じた。
言葉では言い表せない、いろいろなものが頭の中を駆け巡り、久しぶりにシビアな緊張に襲われる。
そして数秒の後、自分の口からついて出た言葉は、
「この子のために、私たちができる最良の方法は一日も早く白黒つけてやることと思います。健康管理には充分注意していたつもりが、初期の段階で気づいてやれなかったという、自戒の念でいっぱいなのです。そして経過観察というへびの生殺しのような状態はもう耐えられないと思います。走ってナンボの子なんです。 結果が良くても悪くてもとにかく、この子の足がどうなっているのか知りたいです。こちらで、病理検査していただけないでしょうか?」
N教授はじっと私の話を聞いてくださった後「おっしゃること、よくわかります。」とうなずき、センターでの手術の曜日は火曜日だが、助手のH先生に一言二言問いかけ、「明日、どこかに押し込みましょうか?」と言って下さった。
なんということだろう。通常は手術日の前日にすでに組まれている予定とは別に手術を押し込むことなど考えられない。
ただ、SueMeの手術そのものは10数分で終わるだろうとのことで既に手術待ちの子たちへの迷惑は最低限だということが救いでもあった。

それは、まさに即決。
「お願いします。ありがとうございます。ご迷惑おかけします。本当にありがとうございます。」
もう他に出てくる言葉はなかった。
その後、助手のH先生と細かい時間や注意点など打ち合わせた結果、SueMeのストレスを考え、入院無しで行うためには麻酔が覚めるのを待つことを考慮して早い時間に行う必要があるが何番目になるかはわからない。そこで昼までに受付を済ませ、待つことにし、火曜日中に帰宅できればいい くらいに考えることにした。

つづく
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ayukif.blog46.fc2.com/tb.php/30-947de9d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
">