スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウソのような本当の話 

Do the right thing.

アメリカ人がよく使う言葉だ。
直訳すると「正しいことをやれ」になるが、
わかりやすい反面、時には高圧的で非常に曖昧な言葉だ。正しいことさえしていれば誰にも文句は言われないと捉えるとイヤな言葉にもなる。

2/5 日曜日の朝、捨て犬を見つけた。
いつもの早朝散歩で出かける公園の隣の別の公園で小さなキャリアーに入った子犬が3頭、植え込みに放置されていると常連さんから聞いてしまった。そうまさに聞いてしまったのだ。

もう帰り支度をしていた駐車場で、そう告げられたら黙って見殺しにはできない。
正直、あまり気が進まなかったのだ。
CONIも連れての散歩だったので早く家にも帰りたかった。
気持ち半分、もう誰かが保護していることをのぞみつつ、現場に到着。
キャリアーのまわりに数人の大人がたむろしている。
そばまで行くと私の着ているドッグスクールのジャケットを見て、「あ 保護の人が来たみたい♪」
オイオイ、違いますよ。
私はただの犬飼いですが、どんな犬が中にいるのですか?と聞くと、ミニチュアダックスとチワワだという。
確かに、2頭のMダックスと後ろのほうにパピヨンともチワワとも思える影があった。
しかし、子犬ではなかった。
前に陣取っているMダックスの歯をチェック。
かなり汚れている。
推定2歳~3歳。
チワワもしくはパピヨンも涙焼けしていて子犬ではない。

さて、どうしたものか。
昨今チワワや小型犬の盗難が相次いでいる。
ここは安易に保護して持ち帰ってしまうとトラブルに巻き込まれるかな?と思い、警察に通報することにした。

しかし、これが結果的には間違いだった。

警察の方が来て保護するプロセスを聞くと警察署にはMAX48時間留め置き、それを過ぎると保護センター(保健所と思われる)に移送するとの事だった。そうか、48時間以内にネットで呼びかけ、その後でも移送先がはっきりしてるから、盗まれた犬なら、案外簡単に飼い主を見つけ出すことができるかもしれない。
警察の人には、そう告げた。
それが一番よい、そう思ったのだった。
そのときは。

警察に犬を渡し、帰宅。
すぐにネットで情報を集める。
まずは捜索願が出ていないかどうか。
しかし、検索をし始めて小一時間、動悸が激しくなってきた。
これは、大変なことをしてしまったのではないか。
飼い主を見つけるどころか、この犬たちを焼き場に送っただけなのではないか?
なんて事をしてしまったのだろう。
とにかく膨大な量の捜索願いや、保護している犬の飼い主への呼びかけ、全国版から地方版まで、ゆうに数千件、それも情報としてバラバラだし、ああ ボー飼いのネットワークのようなものがあると信じていた自分が馬鹿だった。
結局、どうにもならない状態で埒が開かなくなってしまった。
挙句の果て、知人のダックス専門犬舎の人と訓練士さんに相談。
何人かチワワを迷子で無くした人がいるので警察に見に行ってくれるとのことだったが、もし保護センター送りになってしまうと、取り戻すことが非常に難しくなると聞かされ、気持ち、真っ暗になる。
そしてまた、いろいろな状況から冷静に、判断するとこの犬たちは飼い主によって捨てられたような気がしてならなくなって、別の怒りがこみ上げてくる。

4ヶ月の子犬と2頭の犬を抱え、見知らぬ犬を保護することによって感染症とか伝染病のことを怖がってその保護を怠った自分を責めるべきなのか。

Did the wrong thing.
おまへは間違ったことをしでかした。

今日2/7 火曜日、怖くて警察に問い合わせができない自分がいた。
ただ、興味本位でその犬たちがどうなったかを聞くことへの罪の意識か…
万が一にも誰か本当でないにせよ、ウチの子ですと言って持ち帰ってくれたのではないか などと逃避しながら 暗い気持ちで仕事に追われた。
さて、そろそろ電話しなければならないか…と憂鬱になっていたとき、PM4:30自宅へ警察から電話があったとKから聞く。
ん?飼い主をネットで探すとのことだったが、その後どうなったかを聞きたいなどずいぶん丁寧な対応だなと不思議に思いつつ、電話をかけなおす。

すると電話に出られた担当の方にこちらの状況を説明すると、思いもよらぬ展開に。
Mダックスがとても愛嬌のあるかわいい子で署内で引き取り手がいるというではないか!
チワワについても、月曜日にたぶん相談した犬舎の情報が元で見にこられた方がいて、自分の子ではないが、引き取ってもいいと言っているという。
Jonesのほうで見つからないのなら、警察で責任もって引き取ります。保健所などには送りません。
そう告げられた。

よかった…

なんということだろう。
奇跡とはこういうことか。電話口で何度も頭を下げた。そして胸が詰まり言葉にならない。
しかしずいぶんスケールの小さな奇跡だなぁ、と思いつつも舞い上がる気持ちは抑えられなかった。

Do the right thing

常に 正しいことをやれ という意味では重くのしかかる。
そうではなく、正しいと思ったことをやれ、そうすれば自ずと道は開ける。
今日から、そういうふうに思うことにしよう。

ご協力頂いた方々、警察の方、良きアドバイスを下さった方々
本当にありがとうございました。
そしてMダックス君2頭とチワワ嬢(たぶんね)のこれから良い里親さんと心安らかに暮らしてね。
スポンサーサイト

コメント

我が家も、スコットだけだったときは
迷い犬を連れて帰ってきたこともありましたが、
現状(3頭飼い)ではとても自ら手を出すことが出来ません。
「捨てたもんじゃない世間」にすがることのほうが
多いように思います。

>クリまま

善意の誤解という問題もあり、ここで思い起こした正しいと思うことをする というのも全ての人がそのような行動に出れば、何もかもが勝手なめちゃくちゃな世界になるのは必至と思われ、思うとおりに行動するということは、覚悟がいるものです。
その反面、「○○、案外捨てたものではない」と思うことがある瞬間、救われたような気がするのも事実です。

コメントありがとう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ayukif.blog46.fc2.com/tb.php/2-42ab69be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
">