スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複雑な思い 

今年3月にネオデジイチを購入した。
速写、連写、望遠など一通りの技を駆使しそれなりに満足する仕上がりの写真がやっと撮れる様にもなった。
以前使っていたコンパクトデジはIXY30という機種で、とても気に入ってデジイチ購入後はサブ機として活躍中だった。
img_index-j.jpg

しかし先日、突然ビューファインダーの液晶が撮影時に異常な表示を始め、正常な表示をしなくなってしまった。
撮影画像のレビューは全く問題ないので、まずはCCDの異常を疑った。
そしてCANONのWEBサイトを確認すると、なんと一年以上前から一部のLOTにこの問題があることをアナウンスし、部品交換を促されていたのだが、全く気がつかなかった。というより何も問題を感じづ、今日まで使用していたわけだから気づくわけもなかった。
サポートに連絡し、症状を告げるとやはり問題のLOTにあたるらしい。
そこで無償での部品交換をお願いすると…
「お客様、大変申し訳ありません。現在交換部品のストックが全く無く、お預かりしても修理にそうとうな時間をいただくことになります。
ですので、機種のお取替えとさせていただきたいと思いますがいかがでしょうか?」といわれる。
しかし、現行のラインナップではIXY30(3.2メガ)に相当する機種は無いので、どの機種を?と思いきや、「お取替えする機種はIXY800isでございます。」と申される。vidocq00jp-img442x319-1161409283800is.jpg

な、なんとそれは、現行機種で一番人気の6メガ機ではないか!
「そうですか、IXY30は気に入っていたのですが…○△○××△」とわけのわからないことを口走ったが、内心ガッツポーズだった(笑
使用レポートなどまた書きたいと思います。

しかし、製品の不具合とはいえ、3年も使ったカメラをグレードの高い新品に交換って、CANONも太っ腹だなぁ。
儲かってる会社は違うと実感した瞬間であった。

スポンサーサイト

字を書く ということ 

引き出しの奥から真っ黒に錆びたスターリングシルバーのダンヒル万年筆が出てきた。
もう20年以上も前にどこかの免税品店で買い、数年前まで仕事でもけっこう使っていたお気に入りの品だったのだが…
ワープロ、Eメール、キーボード入力主体のブームに押し流され、
その象徴のようにひっそりと姿を隠していたかのようだった。

なぜか使ってみようと思い立ち、銀磨きで磨き上げ、ぬるま湯で
洗浄して新しいロイヤルブルーを注入。
14金ではあるものの、角の取れた滑らかな書き味は以前と全く変わりなかった。

ふと、巷のエンスー達はどのような万年筆文化を細々と継承しているのだろう?と興味本位でググルと、これがまた驚いた。
細々どころか、大人たちが寄って集ってこれがイイあれがイイ、こうやって直すのだ などとブログでもサイトでも大はしゃぎなのである。
話題の主流はドイツのものでモンブラン、ペリカンの2大メーカー。
もちろん、デルタ、ウォーターマンやパーカー、シェーファーなどの
ビッグネームも。
そしてもちろんプラチナ、パイロット、セーラーなどの和製万年筆もちらほら。そしてちょっと興味をそそられたのは中国製のモノだった。

やはりドイツ2大メーカーのものは高い。
1本4~5万出さないといいものが買えない。
しかし中国製は、当然ながら安い。
でも安い=品質悪い では困る。
そこで1本買ってみることにした。

いろいろ調べた挙句、HERO(英雄)のものが良さそうで、一本づつセルロイドを削り出した、なんとあのアウロラの限定オレンジ、ソーレと同じ色でちょっと違うスタイル(アールデコタイプ)のがあるではないか!

オークションサイトで何度か入札を繰り返し、やっと1本手に入れた。
H-2006というモデルで現在は生産されていない。
この色にやられてしまったのだ。
イタリアの太陽の色です(笑
そして気分は1930年代。
早速、インクを注入。
書き味は?

18金の大きなニブ(ペン先)は新品とはいえ、滑らかでインク切れが時々あるものの、なんとも気持ちがいいのである。
重さがけっこうあるので、キャップはしないで書くタイプと思われ、
本当は、置いたときに転がらないようにペンスタンドなども用意すべきなのであろう。だんだん自分の書き方になじんでくるであろうし、1本目にしては大満足です。インクの色や書く紙によって全く印象の異なるのも面白い。
今後はインクのブレンドなども試してみたいと思っています。

多くの万年筆エンスージアストたちは笑うに違いないであろう。
しかし、この中国製というカテゴリーもまた、あってもいいのではないかと思うくらい、品質は悪くないと確信したのである。

そして、やっと本題(苦笑)

字を書くという作業はもとより脳の活性化にも大変重要なのは周知の事実であり、それを怠ることによりどんどん退化していくのではないかという自分なりの危惧感、そして何よりも字を忘れている情けなさが動機なのです。
キーボードを叩くことで漢字を出現させてしまう今のシステムは、非常に恐ろしい未来を予感させる。

だから、字を書くのである。
そして使い捨てのボールペンでなく、エコな万年筆で。
へたくそな字も万年筆の濃淡で少しは見栄えがするかも と期待しつつ。


コレを書きながら、今度は同じモデルの青を物色中。
ああ また新たなる物欲の始まりなのであろうか?(笑

まずはこの美しい万年筆をとくとご覧あれ。

iHR100261144401818.jpg

え~え~ そうなんですってば…DMC-FZ30 

衝動買いではないんです。

知人友人が皆さん素晴らしいデジカメを駆使して素敵な写真を撮られているのですが、私としては化石のようなOM-2の銀塩カメラでネガをスキャンしてなどやってられないことにやっと気がつき(笑、かつコンパクトデジカメのかったるさに辟易しながらも良いスナップをなどとがんばってきたのですが、もお~だめです。

しかしなんと言っても予算が無い。
10万も20万も出せない。
そこで「ネオ一眼」に白羽の矢を立てた次第です。
悩んだのは FINEPIXのS9000 と生産中止ではあるけれど名器といわれるDimage A200
でも結局、FZ30の交換なしで35-432㎜、「ライカ」レンズに惹かれました←ちょっとミーハー?(笑
IMG_1406.jpg

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
">